『散歩が好き、自転車が好き、おいしいものが大好き♪』  チーム36(山麓) | 筑波山麓をこよなく愛すチーム36の活動報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チーム36(山麓) on  | 

「丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成講座」報告④

実走実習を無事に終え、お待ちかねのランチタイム
午前中にたっぷり運動したのでお弁当が美味しかった〜(笑)
ポステンさんのオリジナルおやつも最高でした

23_20150628222248c6c.jpg

午後は、まずは自転車を使ったゲームからスタート♪
駐車場一台分のスペースがあれば出来るゲームで、自転車を自在に操れるようにするための訓練にもなり、ツアーの前に体をほぐすのにもベストだそう。
簡単そうに見えて、実は結構難しく、みんな夢中!!
ちなみに私は一度もクリアできなかったので(悔しい〜)、密かに特訓しようと決意したのでした(笑)

25_20150628222250e65.jpg

ゲームで体もほぐれ、頭もすっきりしたところで、座学に入りました。
こちらはサイクリングのリスクという話の中で「なぜ歩行者を死亡させるのか?」ということを実演で説明して下さっているところ。
他にも、サイクリングツアーを催行するにあたっての必要事項やツアーの際の流れなど、実例を交えながらわかりやすく説明して下さいました。

改めてガイドの役割の重要性に気づくと共に、重要だからこそ責任も重く、怪我や事故が起こるリスクも十分覚悟した上で行う難しい仕事でもあるということを強く感じました。

26_20150628222302c49.jpg

さらに丹羽さんが2日間山麓をサイクリングして気づいたこと、今後の可能性として考えられることというテーマで、2日間に撮影した写真を見ながら様々なアドバイスをして下さいました。

中でも一番嬉しかったのは、
筑波山麓は世界中のサイクリストの憧れの地、フランスのブルゴーニュに似ている」
という言葉でした。

最初にその言葉を聞いた時には、「フランス??ブルゴーニュ???えーーーどうして?????」と全くピンと来なかったのですが、ブルゴーニュの写真と山麓の写真を比べながら説明をして下さったのを聞いて納得!!

ブルゴーニュの葡萄畑=筑波山麓の田んぼ
ブルゴーニュの葡萄から出来る美味しいワイン=筑波山麓のお米から出来る美味しい日本酒
ブルゴーニュの街の中心にある歴史ある協会=筑波山麓にある歴史ある寺院や神社
ブルゴーニュの古い街並=筑波山麓の古い街並
・・・・

確かに筑波山麓とブルゴーニュは似ている!!!

他にも印象に残っている言葉として、
「田舎には何も無いと言うけれど、都会にあるものが無いだけで、逆に都会にはない素晴らしいものが沢山ある」
「西のしまなみ、東の○○と言ってもいいくらいの素晴らしい資源がある」
「ぜひ世界に向けてアピールするべき」
など、今まで考えてもいなかったような、嬉しい言葉をいただきました。

住んでいるとあまりにも身近過ぎで見えなくなってしまっていることはたくさんあるんですね。
改めて山麓の魅力を見直す事が出来、本当に嬉しく思いました。

27_20150628222304633.jpg

最後に「今後、チーム36としてどんなツアーを行うべきか?」ということを、参加者全員で意見を出し合いました。
限られた時間でのディスカッションでしたが、一人ひとりがとても前向きでアイディア溢れる意見が多数だされました。
今後のツアー実施に向けてぜひ取り入れていきたいと思っています。

28_2015062822230513e.jpg

とにかく、この2日間の講座を通して、筑波山麓という地域はどんな魅力があるのか、誰に対してどんなPRが効果的なのかなど、今後目指すべき方向性が明確になってきたような気がしています。

24_201506282222490bf.jpg

気づけばあっという間の2日間でした!!
たくさんの気付きと今後へのヒントをいただき、あとはこつこつと一つひとつ形にして実践あるのみ!

とにかくサイクリングガイドという仕事は想像していたものよりずっと奥が深く難しいからこそ、得られる出会いや経験は何者にも代え難い素晴らしいものとなるのでしょうね。

講師の丹羽隆志さんには2日間に渡り、たくさんの事を学ばせていただきました!
本当に気さくで、私達と同じ目線に立っての指導はとてもわかりやすく、サイクリングの魅力も十分に教えていただきました。
本当にお世話になりました。ありがとうございました!!
世界に向けて発信出来るよう頑張ります!!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

また、2日間記録係として、素敵な写真を沢山撮って下さった今村洋一郎さん、本当にありがとうございました!!
いただいた写真を見ながら、楽しかった2日間の記憶が鮮やかに蘇り、思わず写真を見ながらニヤニヤしちゃいました(笑)

そして参加して下さった皆様。
同じチームの一員として、意義のある2日間を作り上げることが出来たこと、本当に感謝しています。
講座がスタートしたばかりの頃は、スタッフと参加者といった感じでしたが、回を重ねる毎に連帯感が深まり、今では一緒に頑張る仲間という言い方が一番しっくりくるような気がしています。
これからもどうぞよろしくお願いします!!

最後になりましたが、会場のオーナーのM様、いつもあたたかく見守っていただき本当にありがとうございます!
アイドル犬シロちゃんもいつもありがとう〜

皆様のご協力のおかげで無事に2日間の講座を終了することが出来ました。
ありがとうございました

スポンサーサイト
Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

「丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成講座」報告③

6月21日(日)曇り
観光サイクリングガイド育成講座の2日目。
新たなメンバー4人が加わり、20名での講座となりました。
午後から天気が崩れるという予報だったため、実走実習からスタート!!

1_20150628222118a71.jpg

今にも雨が降り出しそうな空でしたが、全員走る気満々でハイテンション(笑)
元気一杯にスタートしました

2_201506282221200c0.jpg

北条からりんりんロードに入り、筑波山口を目指します♪

3_201506282221215fd.jpg

りんりんロードは、様々な種類の紫陽花が見頃を迎えていました!
曇り空がぱっと明るくなるような色鮮やかな紫陽花が見る人の心まで明るくしてくれるようでした

4_201506282221235ee.jpg

前日より気温も低く、風も爽やかで気持ちいい〜

5_20150628222124873.jpg

筑波山口に到着!
こちらは駐車場にトイレも完備されているのでサイクリストには欠かせない場所。
休憩スポット、記念撮影、ツアーの集合場所として今後も大いに活用していきたいと思っています。

6_20150628222138980.jpg

休憩のあとは、さらにりんりんロードを進み、性山寺を目指してGO!

7_20150628222140b04.jpg

こちらの性山寺は、地域調査をしていた時にたまたま立ち寄った場所なのですが、「ここは京都?」「鎌倉??」と思わせるような美しい参道がある素晴らしい寺院なのです。
しかし、こんなにも美しく手入れがされた立派な寺院でありながら、ここを訪れるのは地元の人のみ。
春にはしだれ桜、秋はもみじの紅葉の名所でありながら、ほとんど知られていないのです。

8_20150628222141637.jpg

こんな風に、筑波山麓にはあまり有名ではないけれども、訪れた人を魅了してしまうような素晴らしい場所がたくさんあるのです。
地元だからこそ知っているオススメスポットをこれからもどんどん紹介していきたいなと考えています。

9_20150628222143a8b.jpg

次は、チョウザメの養殖をしているアクアポニクスへ。
こちらは立ち寄る予定はなかったのですが、この前をたまたま通りかかった時に「ぜひ寄ってみたい!」という参加者の声があったので急遽見学。

突然の訪問にも関わらず気持ちよく見学させていただきました!
こんな風に、ふと気になった場所に立ち寄りが出来るのも自転車ならではですね〜♪

10_20150628222145bd5.jpg

次は稲葉酒造へ。
こちらも予定にはなかったのですが、せっかく近くまで来たのだから寄ってみようということに。
自転車なのでお酒の試飲が出来ず、かなり残念そうだった人が続出(笑)

11_20150628222204f42.jpg

稲葉酒造の次はすぐ近くにある燧が池へ。
前日にも立ち寄ったので2日連続の訪問でしたが、やはりパワースポット!
何度来ても癒されます

12_2015062822220541a.jpg

燧が池をあとにし、つくば味工房へ。
こちらは、最近「人生の楽園」というテレビ番組で紹介されたばかりの大人気スポット

15_201506282222100f5.jpg

残念ながら営業日ではなかったのですが、ちょうど畑仕事をしていたオーナーさんご夫妻にいろいろ話を伺うことができました!
短い時間でしたが、とても楽しいひとときでした。

13_20150628222207711.jpg

次に向かったのは飯名神社。
こちらは急な坂道を登った先にあるので、自転車で登る自信のない人は、自転車を置いて徒歩で神社に向かいました!
御神体に参拝し、御神体の裏を流れる男女川でお金を洗うとご利益があるということで、みんなでお金を洗いました(笑)
ご利益がありますように!!

14_20150628222208b22.jpg

飯名神社の神聖な空気をたっぷり吸って浄化されたあとは、神郡方面へGO!
田んぼの緑と筑波山を眺めながら軽快に走ります。

16_20150628222222e5a.jpg

いつの間にか空も少しずつ明るくなってきました。
ついに天気も私達の味方をしてくれたのかも(笑)

17_2015062822222443e.jpg

神郡の古い街並を見ながら、蚕影山神社に向かいます♪

18_20150628222225d90.jpg

到着

19_201506282222278d1.jpg

ここから先は長〜い石段が続きます。。。

20_20150628222228733.jpg

すでに膝ががくがく(笑)
でも登りきったあとには素晴らしい景色が待っていました!!
頑張ってよかった〜

29_2015062823511096c.jpg

蚕影山神社を参拝したあとは、平沢から北条に向かいます。

21_2015062822224522c.jpg

ついにゴール!!
お疲れさまでした〜

22_20150628222246e80.jpg

当初は、雨が降る前に帰って来られるような短めのルートを考えていたのですが、いつの間にか雨雲は遠ざかり、結局午前中いっぱいたっぷりサイクリングを楽しむことが出来ました!

前日より人数の多い20名ほどでのサイクリングだったので、信号での横断、列が途切れてしまったりの対応など前日とは違った課題も見つかりとても勉強になりました。

つづく。。。

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

「丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成講座」報告②

昼食のあとは、いよいよ実走実習!

7_2015062612482659c.jpg

ガイドにとって大切なのはいかに安全にツアーを催行できるかということ。
ツアー中に起こるであろうトラブルに対して、迅速に対応出来るように準備を整えておくことも大切な仕事のひとつです。
ガイドとして携行すべきもの、自転車の点検の仕方など、一つひとつ実演を交えながら丁寧に指導していただきました。

25_20150626191852c76.jpg

また、自転車の正しい乗り降りの仕方、サドルの高さについてなど、きちんと学ぶ機会もあまりなかったので、結構自己流になっていたことに気づきました。
ガイドとして知っておいた方がいいのはもちろんのこと、参加者に対しても怪我や事故を未然に防ぐという観点からも、こういった自転車の基礎を学ぶことはとても重要だな〜と感じました。

スタート前に必要なことを学んだら、次はいよいよ実走!!
実際に山麓を走りながら、サイクリングガイドとして必要な知識や技術を学びます。

8_20150626124828c80.jpg

北条の宮清大蔵から裏堀を通って、平沢方面に向かってGO!!
天気もいいし、最高のサイクリング日和

9_201506261248290cc.jpg

約5分ほどで平沢官衙遺跡に到着!
まず最初に参加者全員で記念撮影

10_20150626124831c8d.jpg

次は神郡方面に向けてGO!
新緑の中を走り抜けるのは、最高に気持ちいい〜!!
こんな爽快感を味わえるのも自転車ならではですね♪

11_20150626124854fe6.jpg

普門寺に到着。
ちょうど紫陽花が見頃を迎えていました!

12_201506261248555c1.jpg

ちょっと高台に登ったところから見る景色が絶景なのです
あえて写真は載せませんので、ぜひ足を運んで絶景を楽しんで下さいませ♪

13_2015062612485783d.jpg

普門寺をあとにした後は、さらに神郡の街並を楽しみながら六所方面へGO!
途中、オススメの撮影スポットなどに立ち寄りながら進んでいきます。

14_20150626124858c6d.jpg

眩しいくらいに輝く新緑の中を自転車で風を感じながら走るこの気持ちよさ!!
参加者の嬉しそうな表情を見てもらえれば伝わるでしょうか?
文章ではうまく表現出来ないのがもどかしいのですが、
「緑の風と香りを感じながら、五感で感じる心地よさをとにかくたくさんの人に味わって欲しい!!」
心からそう思ったのでした

15_20150626124900e7f.jpg

そして嬉しいことに見てのとおりこのコースは車がほとんど通らないのです!
さらに平坦!!

16_20150626124922e27.jpg

今回のコースは、初心者でも、普通のシティサイクルでも無理なく楽しめるコースということで設定しているので、交通量が少なく、平坦ということはとても大事なのです。

17_20150626124923366.jpg

さらにこの辺りは筑波山の絶景ポイント!
遮るものがなにもないので、筑波山の全体像を綺麗に見ることが出来るのです。

18_20150626124925fd9.jpg

六所から沼田に向かって進んでいる時に、トラブル発生!
なんと参加者の一人がパンクしてしまったのです。。。
まずは参加者全員を安全な場所に誘導し、早速修理に取りかかります。
ここで図らずもトラブル時の対応について、実践で学ぶことが出来たので、今回パンクしてしまったMさんは、他の参加者から
「Mさんのおかげで、トラブル対応について学ぶことが出来ました!ありがとう〜」と感謝されるはめに。
すっかり苦笑いのMさんでした(笑)

19_20150626124926aaf.jpg

さてそんなトラブルも乗り越え、次の目的地の「燧が池」へGO!
この場所は、チーム36のサイクリングツアーでも立ち寄ることが多い、パワースポット。
榎の大木の周りに、春は桜、夏はハス、秋は彼岸花が咲き乱れ、背後には筑波山という絶景が楽しめるのでカメラマンの間でも有名なの撮影スポットなのです。
講師の丹羽さんもこの場所を気に入って下さり、上の写真のように熱心に撮影されていました。
気に入っていただけて、私達もとっても嬉しかったです!

20_20150626124928706.jpg

パワースポットで癒されたあとは、りんりんロードを通って北条へGO!
筑波山をバックに、桜並木の中を進んできます。
この日は休日とあってたくさんのサイクリストとすれ違いました。
挨拶を交わしながられ違うのもちょっとした交流の場になりますね。

21_20150626124943fb6.jpg

りんりんロードから北条の街へ。
ゴールまであとわずか!

22_201506261249446b3.jpg

無事到着して嬉しいのと、あまりにも楽しかったので、サイクリングが終わってしまうのがちょっと寂しいような気分(笑)

23_20150626124946704.jpg

ほぼ時間通りに到着して、初日の講座は無事に終了!

実走実習を通して、先頭を走るリーダーの役割、最後尾を走るサブリーダーの役割、離れてしまった時の対応、参加者への声かけ、トラブル対応など、多くの事を学ぶことが出来ました。

さらに、こうしてまる1日講師の丹羽さんと参加者で過ごすうちに、不思議な連帯感というかいい感じのチームワークが生まれたような気がしました。

今回の参加者はレースに参加するレベルの上級者から、ほとんど自転車に乗らない人まで、自転車歴も経験も全く人それぞれ。
安全で楽しいツアーにするには、参加者のそれぞれが目的に向かって心をひとつにしなくてはうまくいかないこと、ガイドは参加者一人ひとりに細やかに気を配り、チームとしての雰囲気作りに努めることなど、目に見えない部分での役割がとても大きいことに気づきました。

ガイドと言う仕事は、なんて奥深く、そしてやりがいのある仕事なのでしょうか!
本当に多くのことを学んだ、大充実の一日でした♪

それにしても楽しかった〜

2日目につづく。。。

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

「丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成講座」報告①

6月20日(土)晴れ

b2 NWT_9494にわサイクリングツアーズを主催する観光サイクリングガイド丹羽隆志さんによる「観光サイクリングガイド育成集中講座」がスタートしました♪

今回の講座は、観光サイクリングガイドとして活動するための「心得(マナー)」について学ぶとともに、実習を通して、観光サイクリングガイドとして歩み出すために必要な知識や技術を身につけるというとても重要なもの。

国内はもちろんのこと、海外でも多数のガイド実績を持つ現役サイクリングガイド第一人者の丹羽さんから直接学べる貴重な機会とあって、1年以上前からこの日が来るのを楽しみに待っていました!!!

そんな待ちに待った講座がいよいよ始まるとあって、数日前からどきどきワクワク

1_20150626124749629.jpg

受講生の自己紹介のあと、丹羽さんからも自己紹介いただき、和やかな雰囲気で講座がスタート!
今回は、少人数でじっくり学ぶことが目的だったので、単発の募集は行わず、受講生とスタッフ合わせて15名のみの贅沢な講座となりました。

2_20150626124751e31.jpg

まず最初に、丹羽さんがこれまで自転車で旅してきたときに撮りためてきた写真の鑑賞!
チベット、モロッコ、フランス、ペルー、ヒマラヤ。。。と海外でのサイクリングの様子は普段なかなか見る機会がないので、受講生全員が丹羽さんの写真に釘付け(笑)

画面に写真が写る度に「わ〜!!」「え〜!!!」「すごい♪」ため息や歓声が上がり大盛り上がり。
自転車の旅だからこそ味わえる魅力と醍醐味を映像とトークでたっぷり紹介していただきました!

たぶんすでに受講生は心の中で海外を走る自分の姿を妄想していたのでは(笑)
ちなみに私は、モロッコの大草原を走る自分を妄想し、うっとりしていました〜

24_20150626133001033.jpg

他にも国内のサイクリングの様子、海外からの観光客を迎えてのサイクリングの様子など、映像を見ながら多数紹介していただきました。

なんといっても自転車旅の素晴らしさは、その場所に立ち寄るだけの観光客というよりは、その場所で生活している人達との交流があったり、普段の生活にちょっとお邪魔する感覚でその場所との関わりが深く持てるということ。

丹羽さん曰く「観光バスで来て、名所だけを見学をし、また観光バスでさーっと帰ってしまうようなスタイルの旅だと、受け入れる側も【観光客】という認識でしかないけれども、遠くから自転車でだんだん近づいてくるような自転車旅だと受け入れる側の気持ちも全然違っていて、【よく来てくれたね!お茶飲んでいって】【また来てね!】といった感じで、【大切なお客さん】として大歓迎してくれる」のだとか。

その言葉を証明するかのように、丹羽さんのサイクリングツアーの写真には、現地の子どもたちや人々から大歓迎を受ける様子や、溢れんばかりのキラキラした笑顔で迎えてくれる子どもたちが印象的な写真がたくさんあって、見ている私達もなんだか温かい気持ちになってしまうものばかりだったのです。

訪れた場所の人々とのあたたかなふれあいや交流。
これこそが、自転車旅だからこそ味わうことの出来る醍醐味なのではないでしょうか。

これから「筑波山麓りんりんツアー」の実現に向けて1歩踏み出そうとしている私達にとって、今後ツアーを実現する上での大切なことやヒントをたくさん得ることができた有意義な時間を過ごすことが出来ました。

3_201506261247527e0.jpg

大満足の座学のあとは、お待ちかねのランチタイム
会場の宮清大蔵さんの庭にある欅の大木の下でお昼をいただいたのですが、とにかく最高に気持ちのいい場所で、講座の感想を話しながら楽しい昼食タイムとなりました♪

4_201506261247548a9.jpg

毎回大好評のおやつですが、今回は大人気カフェ「ポステン」さん
地元のイチゴとホワイトチョコがたっぷり入った、この講座のためだけに作ってもらったオリジナルのケーキ。
あまりの美味しさに、買って帰りたいという人続出の絶品ケーキでした!!(残念ながら非売品です)

5_20150626124755375.jpg

昼食のあとは、欅の木の下でのんびり過ごしました。
とにかくこの場所、気持ちよすぎます(笑)

午後からは、いよいよ実習!
自転車で山麓を走りま〜す

つづく。。。

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

7/26「自転車のまちつくばを楽しもう!」にブース出展します♪

7月26日(日)につくば市交通政策課主催の自転車イベント「自転車のまちつくばを楽しもう!」が開催されます♪

つくばの中心地区を自転車で走ったり、アテネオリンピックメダリストの長塚智広氏を特別ゲストとして迎えたトークセッションや自転車関連ブースの出展など盛り沢山の内容で、大人からお子さんまで楽しめる内容になっています。

私達「チーム36」もブース出展することになりました!!
ぜひ遊びに来て下さいませ〜

イベントの詳しい内容は、つくば市HPをご覧下さい! 
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14215/14657/018315.html
イベント参加者もまだまだ募集中だそうですよ〜
7月8日締め切りなので、お早めにお申込み下さいね♪

tirasi01.jpg
*PDFダウンロード
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/dbps_data/_material_/localhost/koutsuuseisaku/tirasi01.pdf


tirasi02.jpg
*PDFダウンロード
https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/dbps_data/_material_/localhost/koutsuuseisaku/tirasi02.pdf

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

紹介いただきありがとうございます!

6月20日(土)、21日(日)に開催された「筑波山麓りんりんツアー案内人育成講座」の様子を講師の丹羽隆志さんはじめ、参加者の今村さん、水戸梅日記の梅子さんがブログや動画で紹介してくれました!
ぜひ、ご覧下さい♪

*講師の丹羽隆志さんより
筑波山の山麓が楽しい!」
http://ncycling02.sblo.jp/article/143704106.html

筑波山の山麓が楽しい!その2」
http://ncycling02.sblo.jp/article/144070840.html

「筑波の山麓にて」(動画)

筑波の山麓にて

Posted by 丹羽 隆志 on 2015年6月20日


*記録係として2日間協力してくれた今村さんより(動画)

昨日からカメラマンとして参加していた「 丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成集中講座♪」から、映像をご紹介します。つくば山麓の魅力を紹介する「チーム36(山麓)」のモットーは『散歩が好き、自転車が好き、おいしいものが大好き♪』 です。昨日は好天に恵まれ、午前中は丹羽さんの講座、午後は実走で筑波山の山麓をゆるりと走ってきました。

Posted by 今村 洋一郎 on 2015年6月21日


*水戸梅日記の梅子さんより
筑波山麓りんりんツアー案内人育成講座」
http://blog.goo.ne.jp/mitoumeko/e/d468fd27bc3e7634d373b18bccf4b74d

とても素敵に紹介いただき、本当にありがとうございました!!

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

【丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成講座】ご参加いただきありがとうございました!

「丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成講座」無事に終了しました!

一番心配だった天気にも恵まれ、とても充実した2日間でした!!
今回の講座を通して多くのことを学び、気づきを得ることができました。

講師の丹羽さんをはじめ、記録係として精力的に活躍して下さった今村さん、ツアーリーダーとして活躍して下さった中山さん、そして参加して下さった皆様に感謝の気持ちで一杯です。

いろいろ込み上げてくる思いはたくさんあるのですが、今日はなんだか胸が一杯でうまく言葉にまとめる事ができません。(すみません。。。)

とにかく本当にありがとうございました!!
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

簡単ですが取り急ぎ御礼まで。

講座の様子は後日、詳しく紹介させていただきます。

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

受講生の皆様へ【21日の駐車場について】

6月21日(日)のツール・ド・つくば開催に伴う交通規制のため、当初予定していた市営平沢駐車場が使用出来なくなりました。
そこで、21日(日)は、筑波交流センターの駐車場をご利用下さい。
会場の宮清大蔵までは自転車で10分弱です。

どうぞよろしくお願いいたします!

*駐車場 筑波交流センター 
茨城県つくば市北条5060
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/2117/004663.html

*講座会場 宮清大蔵
つくば市北条188
http://www.tsukuba-hojo.jp/11miyasei/

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback

【6/20.21開催】丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成集中講座♪

丹羽隆志さんの観光サイクリングガイド育成集中講座♪

現役サイクリングガイドとして国内はもちろんのこと、海外でも多数のガイド実績を持つ、にわサイクリングツアーズの丹羽隆志氏を講師としてお迎えし本プロジェクトのための特別講座を開催します。

2_20150617205956366.jpg

*日時:6月20日(土)、21日(日)午前9時〜午後4時(休憩1時間)

*集合場所:北条宮清大蔵

*駐車場は市営平沢駐車場ををご利用ください。


*内容:【講義】・ガイディング技術を学ぶ
        ・自転車ガイドとは?
        ・自転車ガイドの心得(マナー)
        ・自転車の楽しみ方
        ・危機管理マニュアルの作成
        ・コース作成のポイント 他

    【実習】・モデルコース実走
        ・走行前の点検
        ・走行中の安全対策
        ・走行後のまとめ

b2 NWT_9494 *講師:にわサイクリングツアーズ 代表 丹羽隆志氏

 1966年三重県生まれ。
 獨協大学入学と同時に自転車部に入部し。
 旅としてのサイクリングを始める。

 現在、週末はサイクリングガイドとして、東京の路地裏からチベット、
 アマゾン、サハラ砂漠など、地球上のどこかを案内する。
 毎年夏は北海道に滞在し、サイクリングツアーを行なう。

 2006年NHK教育「趣味悠々・中高年のための自転車生活入門」講師
 「丹羽隆志のベストサイクリングコースvol.1」(東京地図出版)など
 著書多数。

 にわサイクリングツアーズ(埼玉県知事登録旅行業 第2-1081号) 主宰
 2015スペシャライズド・ジャパン アンバサダー

 http://www.ncycling.com

◎本講座は、筑波山麓りんりんツアー案内人育成講座受講生のみの講座となります。
 単発の募集はありませんのでご了承下さい。

7_201506172059591dd.jpg

Posted by チーム36(山麓) on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。